ニュース・コラム

News & Column

2023.01.23 注文住宅コラム

注文住宅の玄関を作るときに迷わないためのポイントを解説

本記事では、注文住宅の玄関を作るときに役立つ情報を紹介しています。玄関に必要な広さや人気の間取りパターンも解説します。注文住宅を建てる際、玄関の間取りで迷う方も少なくないでしょう。玄関は生活する上で重要なスペースです。しっかりと考えなければ使い勝手の悪い玄関になってしまいます。

注文住宅の玄関を作る際にはご自分で間取りを考える必要があります。しかし何を基準に考えればいいか、難しいかもしれません。本記事では、注文住宅の玄関を作るときに失敗しないためのポイントを解説いたします。また玄関の間取りのパターンを複数ご紹介。どのような玄関にするかイメージする際にお役立てください。

注文住宅における玄関の重要度

玄関は家族をはじめ、友人や宅配業者などさまざまな人が利用するため、家の顔ともいえる重要な場所です。人の出入りが多く荷物を保管することもあるので、ある程度の広さを確保して整理しやすいスペースにする必要があります。

注文住宅を建てる際、玄関をないがしろにすると家全体の印象を悪くしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

玄関の間取りを決める3つのポイント

注文住宅の玄関は、これから紹介する3つのポイントを押さえると失敗するリスクを減らせます。

1. 玄関の広さ

敷地面積の都合上、広いスペースの玄関にするのは難しいかもしれません。しかし、必要なスペースを確保しないと人の出入りがスムーズにいかなかったり、荷物を一時的にでも置くことができなかったりと、不便さを感じてしまいます。

玄関の広さには目安があるので、以下の目安を参考に狭くなりすぎないように配慮しましょう。

  • 土間は1畳以上、もしくは2人以上が並べる程度のスペース
  • シューズクロークを設ける場合は、玄関全体で5畳程度が目安

2. 靴の収納

玄関にいつも複数の靴が置きっぱなしになってしまう主な原因は、手持ちの靴を十分に収納するスペースがないことです。

今ある全ての靴がしまえるだけの収納力を確保しましょう。特に子どもが小さいご家庭の場合、今は靴が少なくても大きくなれば大人と同じか、それ以上の数の靴を持つことになります。この視点が抜けると、子どもの靴がいつも玄関に放置されている状態になりかねません。玄関には、長期的に見て十分な靴の収納力を持たせましょう。

3. 靴以外の収納

玄関は靴以外にも以下のようなものを配置、収納する可能性があります。

  • 自転車
  • ベビーカー
  • アウトドア用品
  • ゴルフセット

そのため、玄関をひとつの収納部屋として考えて設計することが大切です。どれも雨風を避ける必要があり、玄関近くに収納できれば利用しやすいので、玄関脇の土間収納を取り入れるなどして玄関を上手に活用しましょう。

余裕があればプラスしたいポイント

注文住宅の玄関を決める場合、先述した3つのポイントを押さえれば実用性の高い快適な玄関に仕上がるでしょう。

もし敷地や予算に余裕があれば、以下のポイントをプラスして検討するとより理想的な玄関になるので検討してみてください。

  • 素材や色調にこだわり、デザイン性も重視する
  • 吹き抜けなどを取り入れ、より開放感を高める
  • 床や壁、建具などに統一感を持たせる
  • クロークや手洗い場を設け、実用性を高める

デザインラボでも人気のデザイン5選!是非参考になさってください↓↓

玄関・土間デザイン5選

玄関の間取りでおすすめの4つのパターン

注文住宅の玄関を決める際は、これまでに紹介したポイントに加え、これから紹介する4つの間取りを参考にするとより具体的にイメージできるようになります。

1. 王道パターン

玄関にさける敷地が十分にない場合や、とにかくシンプルな玄関にしたいという場合はシューズボックスと鏡という王道パターンがおすすめです。余計な収納棚などを設けない分、大きいシューズボックで収納を完結するというのもひとつの方法です。このパターンの場合、コートかけを設置すると上着やカバンを収納でき、より使いやすい玄関になります。

2. ウォークスルー・シューズクローゼットを設けるパターン

ウォークスルー・シューズクローゼットとは、靴を脱ぐスペースと収納が一体となっているもので、2WAY玄関で採用される人気のパターンです。このパターンを選ぶ場合は十分な敷地が必要になりますが、靴を片付ける手間が減らせるメリットもあります。

3. ウォークイン・シューズクローゼットを設けるパターン

通り抜けはできないものの、靴以外のものを収納する十分なスペースがあるのがウォークイン・シューズクローゼットです。大きい鏡を置けば、お出かけ前のコーディネートを入念にチェックできます。

4. 広い土間を設けるパターン

DIYや家庭菜園をしたい場合や小さい子どもがいる家庭の場合、広い土間を設けるのがおすすめです。土間は室外と室内の中間的な空間なので、外で使うものも中で使うものも置くことができます。

また見せる収納を得意とする方は、土間タイプの玄関にして個性的な空間を楽しむのもよいでしょう。

注文住宅では玄関にこだわって理想の家を作りましょう

注文住宅の玄関を決める際は、まずは玄関の重要性を知ることが大切です。「たかが玄関」と安易に考えると、実際に住んでから狭く使いにくい玄関になってしまいます。

より快適な玄関にするには、広さや収納などのポイントを抑え、好みのパターンを参考にすると失敗しにくくなります。しかし、敷地面積の問題などから玄関のスペースを十分に確保できない場合は、プロのアイデアを参考にすると限られた敷地でも利便性の高い玄関に仕上げることが可能です。せっかくの注文住宅ですから、玄関にこだわって理想の家を完成させましょう。

著者情報

愛知県豊橋市を中心にデザイン性の高い注文住宅を手がける住宅会社「子育て安心住宅&デザインラボ」。
愛知県豊橋市、豊川市、新城市、田原市、蒲郡市、北設楽郡、岡崎市、幸田町、西尾市、安城市、知立市、刈谷市、そして静岡県湖西市、およびその近郊と広い地域で対応しています。
豊橋市近郊での注文住宅に関わる情報発信、イベント情報、建築中の現場情報、スタッフの近況など、お客様に向けた情報発信をしています。

Contact us

tel.0120-353-339

9:00-18:00(水 Close)

イベント予約 無料相談 資料請求
イベント予約 無料相談 資料請求
TOP