窓が生み出す快適空間👌🏻

こんにちは!デザインラボの池崎です☺

毎日寒い日が続きますね・・・

そんな日でも、陽射しがたくさん差し込むデザインラボの事務所は昼間は暖房なしでもポカポカ

暖かです🤗

今日は窓が生み出す快適な住環境についてお話させてもらいます✨


陽射しは、取り付ける窓の「位置」「高さ」と、横長か縦長かといった「形」によって

家への入り具合を変えることができます🏠

たっぷりと採光し、眺望を楽しみたいリビングなどには、横長で面積の大きな窓がとてもよく

似合います🧡

道路沿いや隣家が近いなど、人の目が気になるような空間には、高めの位置(ハイサイド)

に縦長窓を設置すると、陽射しを取り込みながらも視線を遮ることが出来ます。

↓ハイサイドライトは天井に近い高い位置に就ける窓。外からの視線が入りにくく、プライバシーと採光性の両立に優れています!

↓縦長窓はスリムな形状のため、外部からの視線が入りにくいことがメリットです!


採光の量は、上の方に設置された窓ほど多くなります😀

つまり、同じ面積の窓なら、横長よりも縦長の方が部屋の奥まで光は差し込みます。

ただし、窓は大きければいい、たくさん設置すればいいというものではありません🤧

窓面積が大きいと、建物は構造的に弱くなり、防犯面などがネックになることも!

「必要」と「十分」を秤にかけた窓計画を考えましょう👌🏻

↑ローサイドライトは床面近くにつける窓。直射日光はほとんど入りませんが、熱気を抑えたソフトな光がとり込め、同時に視線もシャットアウトできる便利さが!道路沿いの部屋や玄関、目線の低い和室などにオススメです🌺


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました😊